トップイメージ
クロレラ
クロレラ

特徴

  • クロレラについて
    クロレラは、淡水産の緑藻類の一種で、熱帯から寒帯まで地球上に広範囲に分布しております。顕微鏡でしか見ることのできない単細胞生物ですが、約30億年前に発生し、今もその形を保っていて、非常に繁殖力の強い植物です。収穫量も多く、地球規模での、食糧危機についての問題も出ている今日、大いに研究し、利用すべきものといえましょう。
  • 豊富なたんぱく質・ビタミン類
    クロレラは豊かな栄養分を含んでいます。たんぱく質、炭水化物、葉緑素、脂肪、ミネラル類、ビタミンA、B1、B2、C、パントテン酸、葉酸、核酸などを自然のまま含んでいます。
    そのほか、
    葉緑素が多い。一般の植物の4.2倍も含んでいます。
    太陽エネルギーを蓄積する割合が、米の35倍と高い。
    他の野菜にくらべて、たんぱく質の含有量が多い。

原材料名

クロレラ原末

内容量

320g(200mg×1,600粒)

栄養成分表示

製品100g中
熱量350~430kcal
たんぱく質50~68g
脂質7~15g
炭水化物8~27g
食塩相当量0.1~0.3g
ビタミンB23~7mg
150~400mg

※印  規格成分及び含有量:葉緑素・・・・1,500~3,000mg

お召し上がり方

通常の食事における緑黄色野菜摂取量からみて1日20~40粒を目安に、水又はお湯とともにお召しあがりください。
(開封後は、早めにお召しあがりください。)