トップイメージ
虔脩森田六神丸
虔脩森田六神丸

特徴

古来より和漢の名薬として知られている六神丸は今を去る弐百有余年前清国蘇州の大医雷滋藩の創製によるものと伝えられ、其の効能については、一般によく知られて居る処であります。
虔脩森田六神丸は、精撰された和漢の動植物生薬(麝香鹿の腺分泌物、シナヒキガエルの腺分泌物、ウシの胆のう結石、等)を配合した小さな丸薬で、救急護身用に広く重用されております。

効能・効果

どうき。息切れ。気つけ。

用法・用量

次の量を、水又は白湯にて食間服用してください。

年齢1回量1日服用回数
大人(15才以上)2粒
2回
15才未満服用しないでください

[用法及び用量に関連する注意]

  1. 用法・用量を厳守してください。
  2. かまずに服用してください。

成分・分量

1日量(4粒)中
ゴオウ3.0mg
ジャコウ1.0mg
センソ4.0mg
ニンジン6.6mg
サフラン0.6mg
羚羊角0.4mg
シンジュ0.6mg
沈香1.4mg
動物胆0.8mg

添加物として、サリチル酸、d-ボルネオール、アセンヤクを含有します。
イラストの動植物は虔脩森田六神丸に用いられている主原料であります。

六神丸主原料イラスト